私たちは、目的に合わせて、様々な道具を使い分けて暮らしています。ここでは、ゴムという製品について少し詳しく見ていきましょう。

何気ない日常に見えても、私たちは数々の目的をこなしながら生きています。日常というのは、細かな作業の連続でもあるのです。人々は、昔から目的の達成のために、道具を使いながら暮らしてきました。
ここでは、いったんゴムを題材にとってみます。髪を束ねる時のヘアゴム。ビニール袋の口を縛る時の輪ゴム。それから、水道のパッキンなどもゴムですね。ゴムというのは伸縮性のある素材なので、ヒモや接着剤で固定するのとはまた違ったメリットがあります。

そして、パッキンなどによく使われているゴムのことをエラストマーと呼ぶことがあります。エラストマーというのは、ゴムだけを指す言葉ではありません。それは専門分野の話になってしまいますので、ここでは「ゴム=エラストマー」と思って頂ければ問題ありません。
エラストマーはシートやフィルムになっているものもあります。シートやフィルムになることで、様々な物に対応できるようになるのです。

ゴムがシートやフィルムというと、あまりイメージがつきにくいかもしれません。しかし、パソコンのキーボードカバーにも使われていたり、ユニフォームの文字にも使用されていたりします。
目立たない存在ではありますが、エラストマーのシートやフィルムが、とても身近な存在だというのがおわかり頂けたでしょうか。

オススメ外部リンク